(263,548 - 23 - 65)
土佐の酒 | 地酒屋
土佐酒の特徴酒の国、土佐土佐の酒宴土佐酒を買う土佐酒の蔵元地酒屋ご案内


土佐酒の蔵元

亀泉酒造 株式会社

-かめいずみしゅぞう-

高知市内より西へわずか15辧土佐市は海の幸、山の幸に恵まれ、また町並も2つの顔を持つ町。市街地は、土佐市の中心部を走る国道56号線に沿って広がり、仁淀(によど)川河口に注ぐ波介(はげ)川がゆったりと流れる。この一帯はメロンやスイカ、キュウリなどのハウス園芸がさかんで、山里で作られる柑橘類は土佐文旦(ぶんたん)、小夏が有名。この「土佐の果物」は県外へのお土産に喜ばれる土佐市の特産品である。

涸れることがない万年の泉、「亀泉」

市街から離れて、南へ行くともう一つの土佐市の顔がある。南は太平洋に面した海の町、宇佐(うさ)町である。ここは鰹節・土佐節発祥の地で、土佐近海の新鮮な魚が揚る活気に溢れた宇佐漁港周辺にはいくつかの加工場があり、いぶした手作りの鰹節が香ばしく匂う。

海に山に恵まれ、豊かな土壌から生まれた産物で潤う土佐市の人々が愛する酒は、我が町の酒「亀泉(かめいずみ)」である。「亀泉」は波介川から南へ入った山あいの集落、出間にあり、藩政時代の参勤交代の街道、宿毛(すくも)街道の脇に湧き出でる清水はどんな早魃にも涸れることがなく、その街道一の水を仕込み水に使ったことから万年の泉「亀泉」と名付けられた。

これぞ吟醸酒というバランス

「亀泉」は一般清酒もとより、特定名称酒造りにも力を入れており、現在は全生産量の約18%。純米大吟醸「貴賓(きひん)」を始め、男っぽさを感じさせる中にも、華やかでふくらむ香りがあり、しかもさばけの良い飲み口が特徴。これぞ吟醸酒というバランスのとれた味わいである。それらは、平成8年四国清酒鑑評会では最高位、その他「特選街」’96日本酒大賞では上位入賞酒に選ばれるなど、評価は高い。

先人達の努力を後世に継ぐために、地域に愛され、飲まれる酒造りを続けてきた「亀泉酒造」はもうすぐ1世紀を迎える。こぼれる米一粒をも大切に思いやる気持ちで醸された「亀泉」は米もそうであるように”選ばれた酒”であるに違いない。

アクセス

●住所/高知県土佐市出間2123-1
●電話/088-854-0811
●創業/明治30年
●主な出荷先/全国
●主な製造銘柄/亀泉・亀泉貴賓・亀泉萬寿

http://maps.google.co.jp/maps?f=l&hl=ja&q=%E4%BA%80%E6%B3%89%E9%85%92%E9%80%A0&nea




個人情報保護ポリシー

このサイト内でのご意見・お問い合わせは こちら までご連絡ください。
Copyright(C) 2020 Jizakeya Inc. All Rights Reserved.